lalombe's website

HOME 

 

更新日 2015-12-12  

What's New?

2017年6月29日 ゼミ生情報(多文化TMGH)を追加しました。
2017年6月16日Worksに「高齢化に向かいはじめたアフリカ社会:長期介護をめぐる潮流」ほか、情報を追加しました。
2017年4月28日 Worksに情報を追加しました。
2017年1月13日 Worksに論文を一点追加しました。
2016年12月19日 あちこちアップデートしました。
2016年7月14日 Postersを公開しました。研究業績も追加しています。
2016年3月11日 たくさんアップデートしました。(業績追加、トップページの情報追加など)
2015年10月11日 ポレポレ・トーク&ライブのページに写真を追加しました。多数のご来場ありがとうございました。
2015年9月13日 ポレポレ写真展&トーク・ライブ2015の告知を掲載しました。
2015年5月4日 MPH6期生の論文要旨を掲載しました。
2015年4月27日 いろいろアップデートしました
2015年3月13日 Worksに業績を追加、環境科学部7期生の卒業論文題目、およびMPH6期生の修論題目を掲載しました。
2014年12月5日 Worksに業績を追加しました。
2014年12月2日 トップページとPublishingに『文化環境研究』No.7の情報を追加しました。
2014年12月2日 トップページにITM Colloquiumでの発表ポスターを追加しました。
2014年10月7日 ProfileおよびWorksに情報を追加しました。
2014年10月2日 ポレポレツアー長崎の特設ページを開設しました。
2014年9月23日 「ポレポレツアー長崎」の告知をトップページに掲載しました。
 

『ザンジバルに学ぶ多文化社会の生き方』

阿部哲・牛久晴香(編)『ザンジバルに学ぶ多文化社会の生き方:長崎大学多文化社会学部海外フィールドワーク実習調査活動報告書』Experiencing Cultural Diversity: Reports of "Overseas Fieldwork" in the School of Global Humanities and Social Sciences, Nagasaki University. 長崎大学多文化社会学部、2017年3月

FENICS 100何人のフィールドワーカーシリーズ刊行開始!

FENICS (Fieldworker's Experimental Network for Interdisciplinary CommunitieS : NPO法人として申請中)による新企画です。学問分野を超えて「フィールドワーカー」たちが集いました。2013年5月から、2ヶ月に2冊のペースで、古今書院から刊行されます。各巻2600円。LinkIcon全巻タイトルはこちらをどうぞ[PDFチラシ 910KB]


フィールドの見方

『フィールドの見方』(FENICS 100万人のフィールドワーカー第2巻)
増田研・梶丸岳・椎野若菜(編)
古今書院
2015年6月刊行
LinkIcon古今書院


 多文化社会学部アフリカハウス

多文化社会学部アフリカハウス Facebook ページ

アフリカの老人:老いの制度と力をめぐる民族誌

田川玄・慶田勝彦・花渕馨也 編価格定価 3,000 円 (税別)
九州大学出版会 2016年3月刊
(第8章「〈老いの力〉の未来を左右する少子高齢化」を執筆しました。
LinkIcon九州大学出版会


長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科国際健康開発コース 

医学のみならず、社会、文化、経済を学んで国際衛生学修士(MPH)を取得できます。2年目には8ヶ月のインターンシップも。
LinkIcon熱帯医学・グローバルヘルス研究科
LinkIconCHOHO特集号(PDFファイルです)







まるごと!マダガスカル
2016年5月22日(日)11:00~17:302
長崎市立図書館・新興善メモリアルホール

主催 長崎大学多文化社会学部アフリカハウス、日本アフリカ学会九州支部
共催 青年海外協力隊マダガスカルOV会、カリブーニ ケニアの会、長崎大学グローバルヘルスネットワーク

 
ゲスト:亀井岳(映画監督)、川瀬慈(民博・映像人類学)、深澤秀夫(東京外大AA研・文化人類学)&ZAFINDRASOA FUKAZAWAFrançoise 

アフリカハウス・セミナー「川瀬慈作品上映会&映像制作ワークショップ
2016年5月21日(土)
長崎大学文教キャンパス総合教育研究棟 第8演習室
午前の部(11:00-13:00)作品上映会
午後の部(14:00-17:00)映像制作ワークショップ
 

国際保健医療カフェ「国際保健の現実を知る・感じる〜アフリカのフィールド事例から〜」
 
日時:2016年 2月20日(土曜日)13:30〜16:30(13:00開場)
場所:JICA九州セミナールーム 3階 大会議室
入場料:500 円 (高校生以下 無料)

 
講演Ⅰ:増田 研(長崎大学多文化社会学部、熱帯医学・グローバルヘルス研究科准教授)
「ひとりひとりの物語から学ぶ、アジア・アフリカの健康」 
講演Ⅱ:中原 由美子(カリブーニ ケニアの会副代表)
「娘と歩んだNGO活動、ソマリ族遊牧民と共に生きる」
座談会:ケニア料理を楽しみながらの国際保健Q&A

レクチャー&ワークショップ
「移民・難民・外国人の人権と法」
 
2016年2月13日 9:30〜11:30
長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟12階 多文化12教室

 
 
9:30~10:30 第1部 
 ショート・レクチャー:大川秀史(東京弁護士会)、駒井知会(東京弁護士会)、高貝亮(静岡県弁護士会)
10:30~11:30 第2部 
 ワークショップ(グループ討論)
 外国人の受け入れ(技能実習生、労働者、地域、家族、子ども)、外国人の人権、在留資格、難民、刑事事件などについて、上記3名のほか、10名ほどの弁護士を交えたグループ討論を実施します。

 
シルクロード音楽の旅
日時:12月10日(木) 16:10-1740
場所:創楽堂(長崎大学文教キャンパス)

 
 
講演
■徳丸吉彦(Yoshiko Tokumaru)
 
演奏
■韓梅(Han Mei)
■ランディ・レイン-ロイシュ(Randy Raine-Reusch)
■王維(Wang Wei)
 
 

Africa “PolePole” Week 2015 in Nagasaki, Exhibition and Live
主催:日本アフリカ学会九州支部、多文化社会学部アフリカハウス
共催:特定非営利活動法人アフリック・アフリカ
 
企画写真展「アフリカの子どもたち」
2015年10月1日〜14日  
長崎大学中央図書館ロビー、坂本キャンパスグローバルヘルス研究棟ロビー
 
トーク&ライブ
2015年10月8日 18:00-20:00 
文教キャンパス創楽堂
特設ページへ
 

公開ワークショップ「越境する人と文化から問うアジアーー多文化社会の形成にむけて」
日時 2014年12月20日(土) 09:30〜17:30
場所 長崎大学文教キャンパス 総合教育研究棟
東アジア共生プロジェクト ウェブサイト

The impact of the politico-culturally derived definitions of “Harmful Traditional Practices” on Health Promotion in Ethiopia.
Masuda, Ken and Kamimura, C.
 
ITM Colluquium 2014 The Human Factors: Social Sciences in Global Health Research, Antwerp ITM, Nov.24-27, 2014
Poster Presentations (ITM Colloquium 2014)

文化環境研究No.7(文化環境研究会)
2007年から発行してきた『文化環境研究』の最終刊です。
LinkIcon増田による編集後記はこちら
LinkIconPublishing

多文化状況を前景化する〜長崎からの発信
長崎大学多文化社会学部連続講演会2014
10月23日(木) 渡邊欣雄(國學院大學 文化人類学)
11月6日(木) 児玉昌己(久留米大学 政治学)
11月7日(金) 西原和久(成城大学 社会学)
いずれも16時〜18時
場所:文教キャンパス総合教育研究棟2階 多目的ホール終了しました。

近藤ヒロミ&大西匡哉&早川千晶のポレポレツアー 2014秋・トーク&ライブ in 長崎
日時:2014年10月14日(火) 18:00-20:00
場所:長崎創楽堂(長崎大学文教キャンパス)
入場無料
早川千晶さんのトークと、アフリカ音楽の集いです。終了しました。多数のご来場ありがとうございました。
特設ページへ

アフリカにおける「早すぎる高齢化」とケアの多様性をめぐる学際的研究
2014年6月28日(土)
海外学術調査フェスタ2014(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)におけるプロジェクト発表

第23回 日本ナイル・エチオピア学会学術大会 公開シンポジウム「アフリカから老いの力をまなぶ:老年文化の多様性」
日時:2014年4月19日(土) 14:00-17:30
場所:広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟6階マルチメディアスタジオ
 
LinkIcon日本ナイル・エチオピア学会
終了しました

国際シンポジウム「東アジアにおけるヒト・モノ・情報の多元的流通」International Symposium of Nagasaki University Research Project for Socio-Cultural Coexistence in East Asia "Interdisciplinary Approaches toward the Study of Socio-Cultural Dynamics in East Asia" 長崎大学東アジア共生プロジェクト、2013年12月14-15日
終了しました

「多元的医療状況の民族誌的把握を目指して:長崎大学国際健康開発研究科における医療人類学的調査の取り組みから」増田研・平野志穂・和田直美・上村知春・橋場文香 第28回日本国際保健医療学会学術大会、於:名桜大学(査読付・ポスター発表) 2013年11月2日

Field+ Café
生・老・病を発見する
2013年3月29日
サロンド冨山房FOLIO (東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビルB1)
地下鉄神保町駅A7徒歩5分。すずらん通り、東京堂書店向かい
[参加費]無料(要予約)
[定員]40名
終了しました


国際シンポジウム「東アジア交流圏の構想と海港都市の経験」
2012年12月15-16日 
長崎大学文教キャンパス 総合教育棟
LinkIcon持続可能な東アジア交流圏の構想に向けた人文・社会科学部のクロスオーバー
終了しました


国際シンポジウム
「グローバル化時代における人間と社会:日中間の対話」
2012年3月28日、29日
長崎大学環境科学部
大会議室
LinkIcon持続可能な東アジア交流圏の構想に向けた人文・社会科学部のクロスオーバー
終了しました


シンポジウム「記憶の風景とその表象」
2012年3月1 日〜2日
長崎大学文教キャンパス
基調講演:桜井厚(立教大学)
シンポジウムI「長崎・原爆をめぐる記憶の風景と表象」
シンポジウムII「19世紀以降のアジアをめぐる記憶の風景と表象」
LinkIcon持続可能な東アジア交流圏の構想に向けた人文・社会科学部のクロスオーバー
終了しました


ILCAA International Workshop "Anthropology and Public Health: Towards Muli-disciplinary Field Methods"
2011年11月23日、24日
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
使用言語は英語です。
LinkIcon社会開発分野におけるフィールドワークの技術的融合を目指して
終了しました

CHOHO シリーズ「現場に飛び出せ! 躍動するフィールドワーカーたち」
LinkIcon第1回 増田 研
LinkIcon第2回 宮地歌織
LinkIcon第3回 才津祐美子
LinkIcon第4回 坂本麻衣子
LinkIcon第5回 渡辺貴史

長崎大学広報誌『CHOHO』31号(2010年4月発行)の「人クローズアップ」で紹介されました。扉ページの素晴らしい写真は尾崎里恵さんが撮ってくれたものです。
LinkIconクリックするとPDFファイルが表示されます。

執筆したもの

石原美奈子(編)『せめぎあう宗教と国家:エチオピア 神々の相克と共生』(風響社)2014年。
LinkIcon関連ページへ

福井勝義(編)『社会化される生態資源:エチオピア 絶え間なき再生』(京都大学学術出版会)2005年。
LinkIcon関連ページへ

飯田卓・原知章(編)『電子メディアを飼いならす:異文化を橋渡すフィールド研究の視座』(せりか書房)2005年。
LinkIcon関連ページへ

旅行人 165号(休刊号)
旅行人が23年の歴史に幕を下ろしました。その記念号に「セベの木陰」という一文と写真を寄せました。
LinkIcon旅行人 N0.165

旅行人 2007年冬号
「はるかなる神の国 エチオピア」
私と田中真知さんの2人で企画を進めました。
LinkIcon旅行人

蔵前仁一(編)『人生を変える旅』(幻冬舎文庫)  2003年
「アビシャ・ファランジがやってきた!」が再々録されています。
LinkIcon関連ページへ

自筆肖像画

これまで作ったポスターデザインを掲載しました

lalombe's websiteについて

  • lalombe's websiteは2003年9月1日に開設されたました。企画・管理運営の全てを増田が行っています。LinkIcon増田研のプロファイル
  • 当ウェブサイトには、私が撮影した写真や私が書いた文章が掲載されますが、これらの無断での二次使用はご遠慮ください。
  • アクセスカウンターは、2006年5月13日の現アドレス移転後の数字を表しています。mac.com時代の数は反映されていません。